週に1回の「TOEIC救護Go! (トーイック・キューゴーゴー)」の
コーナーでは、TOEICのスコアアップに必須のコツを紹介します。
監修はTOEICスコア955(キューゴーゴー)点の海外ビジネス
プロデューサー、フォワード・インターナショナル代表の山本利彦
さんです。

 プロフィールはこちら
 http://www.money-college.org/toeic.htm

 −・−・−・−・−・−・−

TOEICの文法のパートが苦手な人っていますよね?

とくに、ビジネスの必要に迫られて実践的な英語を学んで来た人に
とっては、

 文法?今さらかったりーなー

と思ってしまうのも無理ないところ。

とはいえ、機会を見つけて文法は一度ちゃんと勉強しておいた方が
良いですよ。もちろん、TOEICのスコアアップもありますが、それ以上に、
日本人が大人になってから英語を勉強する際には、どうしても
文法という「武器」が必要です。

そして、文法をやる気になった人にオススメの勉強法が、

 大学入試の文法書を精読する

というもの。

土屋先生も、著書「〈具体的・効率的〉英語学習最強プログラム」の中で
提唱されていますが、これにまったく同感です。

そのココロは、TOEIC対策の文法書は、うす〜いものが多いから。本の厚みも
中身も。

まあ、TOEICの参考書買うのは多くの場合社会人ですから、ブ厚い文法書
なんて売れないでしょうからね。

でも、それだと文法を「かじっただけ」、「分かった気がする」だけになってしま
います。

文法って、学ぶ範囲が多いですからね。

と言うことで、まとめ。

 ┌ TOEIC955の法則その24 ────────────
 │文法対策は、TOEICと言えどもブ厚い文法書を読め!
 └─────────────────────────

ちなみに、上述の土屋先生が勧める文法書を下記に掲載します。

http://corporate.ofsji.org/?p=4192