●本文
 A financial institution makes a profit by charging a higher
 rate than it pays, the difference being its profit margin.

●チェックポイント!
 ・profit 利益
 ・by charging
 ・higher rate より高い利率
 ・profit margin 利幅

●対訳
 金融機関の儲けは、(借り手に)支払う利率よりも高い利率を
 貸し手に請求することによって生まれ、その差額が利幅になる

●英語「で」学ぶポイント
 さあ、今日はいくつもの利率を使い分けて金融機関が儲けて
 いる仕組みを解明しちゃいましょう。

 と言っても、そんな難しい話ではなくって、我々が銀行に
 預金する際に付いてくる利息よりも、ローンなどで借りる
 ときの利率が高くなっていると言うだけ。

 銀行側から見てみたら、預金者から借りる利率よりもローンで
 課す利率の方が高いわけで、そりゃ儲かるに決まってますよね。

 てことは、預金の低い金利に甘んじると言うことは、まるで
 銀行を儲けさせているようなもので、もうちょっと有効な
 お金の使い方ってないの?と発想が広がると、「投資」という
 言葉がこれまでとはちょっと違って見えてくるかと思いますが…

 ともあれ、ここでは利率。

 表現面では、今日は”profit margin”を押さえちゃいましょう。
 ”margin”は「マージン」ですから、たとえば文書をプリント
 アウトするときの上下左右の余白なんかも指しますね。

 ということで、「マージン」=「余白」=「余った部分」、
 すなわち、”profit margin”は、費用を支払って余った部分の
 「利益」を指すことになるのです。

 ちなみに、昨日のクイズ、覚えてます?動詞としての”charge”
 にはどんな意味があるでしょう?と言うものですが、その
 答は、「攻撃する」。アメリカのスポーツの応援では、「チャージ!」
 なんてみんなで声をそろえて言ったりします。

 なので、”higher rate”を”charge”する銀行は、まるで借り手を攻撃
 しているようなものかもしれませんね。