一般に日本人って英語の発音がヘタですよね。

自分ではそれなりにしゃべってるつもりでも、ビデオにとって見直してみると愕然とします。

もう、「ジス・イズ・ア・ペン」ぐらいの勢いで、ジャパニーズ・イングリッシュそのもの。

カッコワルイのもイヤだし、これでは日本人以外には通じないので、コミュニケーションのツールとして成立しません。

じゃあ、どうやって発音を向上させるの?というときに是非ともチェックしたいのがこちら。

明川 哲也、クレイグ ステファン著、オバケの英語

評価は

ゴマやプチトマト、はたまたモチなどの食材を使って英語特有の発音を実感させるというアイデアに脱帽です。

たとえばアルファベットのKは、

舌の後部を持ち上げて上あごの億に張り付いたゴマをクゥッと吹き飛ばす

という解説で、生まれて初めて「そうなのか~」と納得です。

もちろん、amazonで指摘されているとおり、いろいろと問題を抱えてはいるのですが、それでも是非とも手に取ることをお薦めしたい本です。