大人の五教科スキルアップをサポートするシンメトリー・ジャパン

枠組みの三大チェックポイント

本日から新シリーズ、「枠組みの三大チェックポイント」の始まりです。

これは、大枠としては論理的なコミュニケーションのファイブ・トリプル、つまり5つの「三大チェックポイント」の4番目に当たるものです。

ここまでずいぶんと学んできましたが、あと二つでファイブ・トリプルの完成です。頑張っていきましょう。

【論理的なコミュニケーションのファイブ・トリプル】

  1. 演繹法の三大チェックポイント
  2. 帰納法の三大チェックポイント
  3. 事実の三大チェックポイント
  4. 枠組みの三大チェックポイント
  5. メッセージの三大チェックポイント

まずはそもそもとして、「枠組み」とは何ぞや?を押さえちゃいましょう。

という時に考えたいのが、逆の「論理的でないなー」と感じるのはどんなときだろう、という質問。

答は、明日。


枠組みの三大チェックポイント (全8回)

講師会員限定で公開しています

シンメトリー・ジャパンの会員制度の詳細はこちらをご覧下さい。


TEL 03-6686-1808 10:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

シンメトリー総研

ログイン

ログイン

PAGETOP