●本文
 Financial advice should be:

 ・timely – the details of financial products can alter fairly regularly,

  so any advice given should always be up-to-date;

●チェックポイント!
 ・timely タイミング良い
 ・detail 詳細
 ・alter 変わる
 ・fairly しばしば
 ・regularly 定期的に
 ・up-to-date 最新の

●対訳
 マネーのアドバイスの必要条件:

 タイミング良いこと – 金融商品は細かいところが頻繁に変わるので、
 アドバイスは常に最新のものであること

●英語「で」学ぶポイント
 さて、今日押さえたいのは、”alter”と言う単語。発音は「オルター」と
 言う感じで、関連する単語の”alternative” 「オルターナティブ、
 代替案」なんて思い浮かべられると言葉の感触が分かるかもしれません。

 でも、あんまり聞いたことないですよね?”alter”そのものは…

 と言うのが日本人が英語を苦手な原因の一つ。

 ネイティブの頭の中を想像してみましょう。

 ”alter”と言う単語は、先ほども出てきた”alternative”という単語と
 関連づけられていますし、他にも類語として、”change”、”amend”、
 ”modify”…などとも結び付けられて、クモの巣のように広がる言語の
 ネットワークの中で位置づけられています。

 ところがこれを、”alter”=「変える」、”modify”=「修正する」
 という孤立した「点」でしか押さえていないのが多くの日本人の
 英語の世界観。

 これでは、ネイティブとのコミュニケーションに苦労するのも
 ムリはありませんよね。

 「じゃーどうしたら良いんだよー」

 と言う人は、まずは類語を押さえるところから始めてみてください。

 こないだも紹介したロングマンの”Language Activator”も良いし、
 「奥の手」として、語源にさかのぼって語彙を増やす”Vocabulary
 Builder”なんてのもとってもお薦めです。

●Longman Language Activator
 http://tinyurl.com/yfdxv7b

●Vocabulary Builder
 http://tinyurl.com/yjjrf4x