●本文
 Some years ago, different types of financial provider sold
 different financial products, for example…

●チェックポイント!
 ・financial provider 金融機関
 ・financial product 金融商品

●対訳
 数年前は、異なる種類の金融機関がそれぞれ異なる金融商品を
 売っていた。たとえば…

●英語「で」学ぶポイント
 さあ、今日から新しい「金融業界シリーズ」のはじまりです。
 仕事で使える表現がたくさん出てくるので、ぜひ楽しんで憶え
 ちゃいましょう。

 今日のポイントは、”financial provider”という表現。

 対訳では「金融機関」としていますが、英語の方は”provide”と
 言う単語に”er”がついた”provider”。その本来の意味は?と聞か
 れれば…

 はい、IT業界の人ならピンと来て、「インターネット・サービス・
 プロバイダー」といえば、インターネット接続を提供する業者、
 ということで、”provider”=「提供者」となります。

 日本語で「金融機関」って聞くと、なんだか重々しいイメージが
 あって、「よろしくお願いします」なんて最敬礼したくなりますが、
 ”financial provider”なら「金融商品の提供者」って感じで、むしろ
 我々ユーザーの方が上、と思えます。

 語感一つの違いといえばそれまでですが、ひょっとすると英語
 ネイティブと日本人の世界観の違いを表しているかもしれません。

 金融機関や「お上(かみ)」を敬う日本人と、しょせんは提供者、
 選ぶ権利はこちらにあるというネイティブと。

 コミュニケーションがうまくいかない時は、こんな世界観の違いが
 あることが多いので気をつけたいものです。

 さあ、そして、最後が「たとえば…」で終わっているので、具体例
 の紹介は明日。どの金融機関でどんな商品が売られているか、
 ちょっと考えてみてください。