●本文
 Because the risk is low, the interest rate you receive is
 lower than if you were to put your money into a life
 assurance policy that invests in the stock market.

●チェックポイント!
 ・because ○○だから
 ・put your money into ○○ ○○にお金を託す
 ・life assurance policy 生命保険
 ・invest 投資する
 ・stock market 株式市場

●対訳
 リスクが低いので、たとえば運用を株式市場でしている
 生命保険に入ったときよりも、利率は低くなる

●英語「で」学ぶポイント
 さて、今日は一見むずかしそうな文を簡単にクリアしちゃい
 ましょう。

 というのは、

  ”put your money into a life assurance policy
   that invests in the stock market”

 のところが、二重構造になってややこしい。

 基本は、「生命保険契約にお金を入れる」、つまり、生命保険に
 入ると言うこと。ただし、その生命保険は我々が支払った
 保険料を株式で運用していて、「変額保険」とかがこれに当たる、
 と言われれば、ピンと来る人も多いかもしれません。

 と言うことで、こちらは簡単にクリアして、一見簡単に見えて
 実は重要な表現を押さえることに頭を使いましょう。それは、

  ”if you were to ○○”

 だって、よく考えたらヘンですよね?ここでいきなり過去形の
 ”were”が使われるなんて。

 と言う秘密が、実はこれは過去形の”were”ではなく、仮定形の
 ”were”なんです。つまり、実際に起こっているわけではなくて、
 「もしも○○したら」という仮定の話をするときに使う表現。

 なので、今日の訳文も、「たとえば生命保険に入ったときよりも」
 とこのニュアンスを出すようにしてみました。

 そして、ここまでくれば理解してもらえると思うのですが、
 ビジネスでこの手の表現ってすごく使う機会があります。
 「もしも、御社と当社が提携したら…」なんて、仮定法はビジネス
 では必須。

 If you did not read this issue of my mail magazine…
 もしこのメルマガを読まなかったら…

 仮定法の大事さに気づかなかったかもしれませんね。