●本文
 Financial advice should be:

 ・complete – all relevant details should be given,
  even if these are somewhat complicated.

●チェックポイント!
 ・complete 完全性
 ・relevant 関連する
 ・somewhat 多少
 ・complicated 複雑な

●対訳
 マネーのアドバイスの必要条件:

 完全性 – 関連する情報は多少複雑だろうとすべて提供され
 なければならない

●英語「で」学ぶポイント
 さあ、今日チェックするのは”somewhat”。辞書を引いてみると、
 「いくらか」、「多少」などの訳語が出てきて、なんとも言葉の
 感触をつかみにくい英単語です。

 ってか、「多少」という日本語だって、よく考えるとヘンですよね。
 多いのか少ないのかどっちかハッキリせい!とツッコミを入れたく
 なっちゃう…

 というノリそのままの勢いで、”somewhat”にもツッコミを入れて…、
 というか、無視です無視。

 だって、今日の本文は”somewhat”抜きでも充分意味は通じる
 じゃないですか。

 なのに、”somewhat”と、なにやらいわくありげな単語が出てくる
 だけで混乱しそう。ましてや、中に”what”なんて入っているもの
 だから、昨日もやった「関係代名詞のwhat」かな?、なんて重要に
 見えてしまうし…

 ということで、「”somewhat”は無視法」、TOEICやTOEFLなどの、
 限られた時間で大意をつかむ必要があるテストでも便利に使え
 ますので、ぜひ活用してみてください。