恒例となったディベートセッション、今回は初めて参加の方が多かったので、「ディベートとは?」の説明に若干時間をかけました。

その分、内容を分かったうえで実際のセッションに臨んでもらえたかと思いますが、一方で時間が押しちゃって最後の方がかけ足になってしまいました。

本当は、ディベート後の振り返りの方が重要なのですが、なかなか2時間でおさめるのは難しいですね。

時間があれば、例の「国家の破綻」と「税収」の議論は、図で書いて考えたかったんですけどね。

 内包関係なのか
 因果関係なのか
 関係ないのか

という3者の議論がかみ合ってなかったところが整理できたかと思います。

とはいえ、お題の「日本政府は、消費税を5%のまま据え置くべきである」は、ちょっと固いし、知識の量によって議論の質が変わってしまうので、あまり良くなかったかもしれません。

次回のディベートセッションは年明け、13/01/18 (金) 19:00 – 21:00 。また別のネタで開催しますので、おいで下さい。

あ、その前に、英語の交渉ゲームがあるので、そちらが先ですね。12/12/14 (金)開催と言うことは、忘年会かなぁ