●本文
 … for example, banks provided overdrafts and personal loans
 and insurance companies sold life assurance and property insurance.

●チェックポイント!
 ・provide 提供する
 ・overdraft 当座貸し越し
 ・loan ローン
 ・insurance company 保険会社
 ・life assurance 生命保険
 ・property insurance 損害保険

●対訳
 たとえば、銀行は当座貸し越しや個人向けローンを提供し、
 保険会社は生命保険や損害保険を売っていた

●英語「で」学ぶポイント
 さあ、昨日出てきた「異なる金融機関が異なる商品を売っている」
 具体例です。

 今日は地味だけどすごく大事なポイントを押さえちゃいましょう。
 それは、複数形。

 本文では、

  bankS
  overdraftS
  loanS
  companieS (“y”が”i”に変わって”es”)

 とほとんどが複数形になっています。これ、なぜ?

 そう、考えてみれば、日本でもいろんな銀行がいろんな金融商品を
 売っているというのが実情で、厳密に表すならば、

  いろんな銀行「たち」が、いろんな金融商品「たち」を売っている

 となりますね。まあ、こんな不自然な日本語はないわけですが。

 で、これまた、英語ネイティブと日本人の世界観の違いなんです。

 彼らは、モノゴトが一つかそれとも複数かがすごく気になるわけですが、
 一方こちらはドンブリ勘定。「銀行」って言った場合に一つの銀行を
 指すのか複数の銀行をまとめて業界全体を指すのか、意識はして
 いません。

 こんなビミョーだけど重要な世界観の違いが、コミュニケーションの
 不全をもたらすこともあるんです。

 [関連項目:「レッツ」が分かれば文法なんて、ポイッ!]
 http://tinyurl.com/y9kb3v6