「会議のアジェンダ」シリーズ、ある会社のクレーム対策会議の実際の
アジェンダを見ながら、その気をつけるべきポイントをチェックして
いきましょう。

そのアジェンダと、会社の背景情報がこちらね。

http://bit.ly/g717nP

まずは、当たり前と言えば当たり前ですが、意外と大事なポイントと
して、「終了時間を決める」こと。

大事な会議であればあるほど「ちゃんと議論をしなくっちゃ」と思って
終わりの時間を決めないこともありますが、これ、まったく無意味。

どれだけ議論をしたって、結論が出ない時は出ません。

というか、会議の時間に終わりがあるからこそ結論を出せる、と言う
効果もあるのです。

なので、会議は○○時から○○時まで、と終わりの時間を切ってアジェ
ンダを共有するのが正解です。

参加者に対して時間のプレッシャーを掛けて意思決定を促す効果を
事前に効かせていくのです。

ロジカルシンキング入門セミナー開講中。