●本文
 If inflation within Japan is higher than inflation in other
 countries, Japan’s exports become too expensive abroad
 and demand falls; imports will also be cheaper.

●チェックポイント!
 ・within Japan 日本国内の
 ・other country 諸外国
 ・export 輸出品
 ・expensive 高価
 ・abroad 海外で
 ・demand ニーズ

●対訳
 もしも日本国内のインフレ率が諸外国よりも高ければ、
 日本からの輸出品は高価になり、海外でのニーズは少なく
 なってしまうだろう。同様に、日本への輸入品も安くなる

●英語「で」学ぶポイント
 さあ、ちょっと面白い今日の本文は、インフレが輸出入
 産業に与える影響を説明しています。

 ごくごく単純に言ってしまえば、インフレ率が高すぎると
 日本製品は海外での競争力を失うよ、と言うことですね。

 英語面で注目したいのは、そのしつこさ。

 日本国内のインフレ率を指すのに、”in”じゃなくて”within”を
 使って厳密さを出しているところなどその典型。

 単純に「日本のインフレ率がぁ」とか言うと、「トヨタみたい
 に海外に工場を持ってる会社はどうなるんですか?」なんて
 反論が来てしまうので、「日本『国内』のインフレ率」という
 ニュアンスを出しています。

 ”Japan’s exports become too expensive abroad”の最後の
 ”abroad”も同じようなしつこさがあって、なんか、イヤラシク
 感じちゃいます。

 わざわざ”abroad”なんて付けなくても、輸出品なんだから
 国外に決まってるだろ、空気読めよ、なんて思っちゃいますが…

 これ、外国人には通用しないケースが多いんですよね。
 「空気を読むことが美徳だ」ってのは、世界の中ではむしろ
 少数派の価値観。

 好き嫌いは別にして、英語のネイティブスピーカーはこの
 くらいのしつこさで物事を説明しているんだ、というよい
 題材です。