●本文
 Delivery for financial services business;

 Because product is not physical, usually relatively quick
 and cheap to deliver.

●チェックポイント!
 ・delivery 提供形態
 ・physical 実物がある
 ・usually 普通は
 ・relatively 比較的
 ・quick 速い
 ・cheap 安い

●対訳
 金融機関の提供形態;

 商品は実態があるわけではないので、普通はサービス提供は比較的
 速く・安くすむ

●英語「で」学ぶポイント
 先週から続いて「費用シリーズ」です。

 ていうか、スルドイ人なら気づいていると思いますが、実は費用だ
 けじゃなくて、金融機関のビジネスとは何ぞや?というのを解説し
 てますね、今回のシリーズは。

 なので、使える表現満載。これから1週間、ぜひ楽しんで読み進め
 てください。

 さて、今日は、”delivery”という単語を押さえちゃいましょう。

 日本語でも「デリバリー」なんて言葉は使われて、ズバリ「配達」。

 英語だと、もうちょっと広い語感の言葉で、「配達」以外にも、何
 らかの形でサービス提供をすることを指します。

 正直ちょっと訳しにくい言葉ですが、ぜひ今週のシリーズを読むこ
 とでマスターしちゃってください。

 ちなみに、本文最後にある”deliver”は、「提供する」・「配達す
 る」を指す動詞で、”delivery”の元になっています…なんてのが分
 かると、英語の世界観が広がってきて、スキルアップにつながりま
 す。もちろん、TOEICやTOEFLの対策テスト見たく即効性があるわけ
 ではないのですが、ボディーブローのように長期的には効いてくる
 んです。