●本文
 If a firm is not a big player in the market, it will not have
 the economies of scale that a larger competitor will have,
 so it may need to charge higher prices to cover its fixed costs.

●チェックポイント!
 ・firm 会社
 ・economies of scale 規模の経済
 ・competitor 競合
 ・charge 課す
 ・cover 回収する

●対訳
 小さい会社の場合、競合の大手企業のように規模の経済の
 恩恵を受けられないので、固定費を回収するために価格を
 高くする必要がある

●英語「で」学ぶポイント
 さあ、今日の文は深いですよ。規模の経済がなぜかくも
 重要かを解説してくれています。

 そのココロを一言で表すならば、規模の経済が効いている
 会社はコストを下げられるので、その分価格を抑えることが
 できること。

 解りやすい例を出すならば、自動車業界なんか典型で、
 日本で一番大きいトヨタの方が、小さい会社−たとえば
 いすゞとかスバルとか−、自動車一台あたりのコストを低く
 できるのです。

 となると、売値もあまり高くなくてすむので、トヨタ車は
 ますます売れる…

 結果として、大きいものはますます大きく、小さいものは
 よりちいさく、という、いわゆる「マタイ効果」が効いて
 来ちゃうのです。

 表現面では、”economies of scale”が効くかどうを表すのに、
 ”have”と言う単語を使っているところを押さえちゃいましょう。