週に1回の「TOEIC救護Go! (トーイック・キューゴーゴー)」の
コーナーでは、TOEICのスコアアップに必須のコツを紹介します。
監修はTOEICスコア955(キューゴーゴー)点の海外ビジネス
プロデューサー、フォワード・インターナショナル代表の山本利彦
さんです。

 プロフィールはこちら
 http://www.money-college.org/toeic.htm

 −・−・−・−・−・−・−

TOEICにおいてタイムマネジメントが重要なのは、論をまちません。

そのためにも、日本人特有の「返り読み」は避けたいところですよね。

ほら、英文って日本文と順序が逆になる場合があるじゃないですか?

 I think he must be the cost cutter.

という英文を読んで、

 私は 思った 違いないと 彼が コストカッターである

と語順の通りに理解せず、頭の中で後ろから遡りながら変換するのが
「返り読み」です。

こんな「二度手間」をしていたのでは、時間が足りなくなるのは当たり前です。

ただ、「返り読み」をするなと言われてもついついやっちゃうのが多くの
人の悩みでしょう。

実はそれを解決する簡単な方法があって、それが「音読」です。

だって、音読する限り、必然的に文を最初から見ていくことになるわけ
ですからね。

何回もやっていれば、しつこく刷り込まれた「返り読み」の癖も直りそう。

トライしてみる価値はあります。

 ┌ TOEIC955の法則その33 ────────────
 │「返り読み」という悪癖をなおすには音読
 └─────────────────────────