●本文
 Some costs are very easy for a customer to see, but the
 charges for some financial products can be quite complicated.

●チェックポイント!
 ・charge 課す
 ・financial product 金融商品
 ・complicatied 複雑

●対訳
 消費者が分かりやすいコストもあるが、金融商品に関する
 コストの中には極めて複雑なものもある

●英語「で」学ぶポイント
 新シリーズは、「コストの透明性」です。

 コストは、お金を払わなくちゃいけないという意味でイヤな
 ものですが、それ以上にイヤなのが、「ひょっとして、ボラれて
 いるんじゃない」と思うとき。

 「透明性」と言いますが、やっぱり中身が分かりやすい明朗
 会計にして欲しいですよね。

 今日押さえておきたいのは、”can be”というところ。コストの
 中には、単純で分かりやすいものも有れば、極めて複雑なものも
 あるというニュアンスを助動詞の”can”を使って出しています。

 ”can”に限らず、”should”、”could”、”might”などの助動詞は、
 意外と見過ごされがちですが、微妙なニュアンスの違いを読み
 とれたら、英語も中級者の領域ですね。