●本文
 The elements that the provider needs to get right if its products are
 to be successful will be listed from tomorrow.

●チェックポイント!
 ・element 要素
 ・get right うまくやる

●対訳
 金融機関にとって、その扱う製品が成功するためにうまく
 やらなければならないものを明日から挙げていく

●英語「で」学ぶポイント
 利益シリーズの第2回、押さえておきたい表現は、”are to be
 successful”というもの。

 ちょっとややこしいのですが、このようなbe動詞+”to” + 動詞で未来を
 表現しています。

 つまり、今日の本文で言うと、”its products are to be successful”という
 表現は、”its products WILL be successful”というのと近いものです。

 あえてニュアンスの違いを出すとすれば、”will”という動詞(助動詞)+動詞
 よりもbe動詞+”to”+動詞のほうが、「そう言う状態になっている」という
 感じを強く出していること。

 つまり、今日の例で言えば、将来”successfull”「成功する」というよりも
 将来「成功した状態であり続ける」というニュアンスでしょう。

 ま、細かい点はともかくとして、今日はぜひwillや”be going to do”を
 使わなくても未来形を表せる表現として押さえちゃってください。