大人の五教科スキルアップをサポートするシンメトリー・ジャパン

演繹法の三大チェックポイント

このページは、毎日配信しているメールマガジンに加筆修正し、分かりやすい図解を加えたものです。少しづつ読みたい方は、ファシリテーションのメールマガジンに登録して下さい。

「論理的なコミュニケーションのファイブ・トリプル」シリーズから「演繹法の三大チェックポイント」シリーズ、まずは演繹法とはなにかを押さえています。

ある会社の新規ビジネス立案プロジェクトチームの提言、

「主張」(ポイント:P) 「わが社は新規ビジネスとして食育に取り組むべきである」

な・ぜ・な・ら・ば、

「根拠」(グラウンド:G) 「食育は、広く認知されているから」

を題材に見ていきましょう。

上記では単純に「主張」と「根拠」の間を「なぜならば」という言葉でつないでいますが、実はこの間にルールが隠れていることに気付くでしょうか?

そう、

「主張」(ポイント:P) 「わが社は新規ビジネスとして食育に取り組むべきである」

 ↑←(ルール:R) 「認知度が高いものはビジネスとして成立する」

「根拠」(グラウンド:G) 「食育は、広く認知されているから」

というものです。

実はここに、「演繹法の三大チェックポイント」その1があって、それが「隠れた前提」というもの。

最初の例では、ルール「認知度が高いものはビジネスとして成立する」は、言葉にはされていなくて、「わざわざ言わなくてもみなさんご存じですよねぇ」という「前提」で話が進んでいます。

ところが、もしも聞き手がこのルールを知らない場合、「ちょっと待った!なぜ『食育』に新規ビジネスとして取り組むべきなの?」とツッコミが入る可能性があります。

そう、聞き手にとっては、「ルール」が隠されていると、論理の飛躍があると感じられて、納得できないものなのです。


演繹法の三大チェックポイント (全13回)

講師会員限定で公開しています

シンメトリー・ジャパンの会員制度の詳細はこちらをご覧下さい。


TEL 03-6686-1808 10:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

シンメトリー総研

ログイン

ログイン

PAGETOP