大人の五教科スキルアップをサポートするシンメトリー・ジャパン

PFD三層構造

このページは、毎日配信しているメールマガジンに加筆修正し、分かりやすい図解を加えたものです。少しづつ読みたい方は、ファシリテーションのメールマガジンに登録して下さい。

気づきの脳内マップモデル」、「対話型セッションのQP法」とファシリテーションの根幹に関わるものを最近は連続でお届けしてきました。

ここまで来ると、この話にピンと来てもらえるのではないかと思うのですが、コミュニケーションにおいては

何を言ったか、どんな資料を見せたかという以上に目には見えない・耳には聞こえないけれど、何を意図したかが重要

です。

というのがこれから始まる新シリーズ「PFD三層構造」のテーマ。すなわち、

P: プレゼンテーション層
F: ファシリテーション層
D: ディレクター層

の三層を意識しつつコミュニケーションをとりましょう、ということ。

具体的には、先ほど出てきた

何を言ったか、どんな資料を見せたか

がプレゼンテーション層にあたり、

目には見えない・耳には聞こえないけれど、何を意図したか

がファシリテーション層に当たります。

「気づきの脳内マップモデル」で相手の頭の中を操作するということが分かった人にとっては、なるほど、という感じでしょう。

逆に言うと、この話を聞いて「なるほど」と思えない人は、たとえばプレゼンテーションとかもそんなに上手くないだろうな、と想像しちゃいます。

実際に、次回は、あるアンケートを元に考えてみましょう。



PFD三層構造 (全8回)

講師会員限定で公開しています

シンメトリー・ジャパンの会員制度の詳細はこちらをご覧下さい。


TEL 03-6686-1808 10:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

シンメトリー総研

ログイン

ログイン

PAGETOP