—————————————– 【2013年03月06日発行】

□■      シンメトリー・ジャパン 通信
■□■     http://corporate.ofsji.org/
————————————————————–
こんにちは。シンメトリー・ジャパンです。

弊社代表の第3冊目となる新刊が先日発売されました!

皆さんにお届けする前に、いち早く見本の内容に目を通すと、
今まで府に落ちなかったコトが解決できスッキリしました。

そのお陰か?我が家の毎日が笑顔で満たされるようになりました。

コトの真相は…トピック、編集後記へ続く  > >> >>>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今月のトピック

▽新著が発売されました

『心をつかみ人を動かす説明の技術』著:木田 知廣

アップルを率いた故スティーブ・ジョブ氏は、
人の心をつかむ天才だったのは、皆さんもご存じのところ。

では、なぜ彼は人を魅了し続けることができたのでしょうか。

ジョブ氏の人柄はもとより、本書の中で説明する、
「ストーリーテリングのPARLの法則」が大きな鍵を握っているようです。

彼の話す内容は、淡々と事実を並べて話すのではなく、PARLの法則に基づき、
自分の伝えたいポイントを物語(ストーリー)に託して相手にワクワクさせ
て聞かせていたからなんだそう。

=PARLの法則=

Problem (問題)
Action (その問題を解決するためのアクション)
Result (結果)
Learning (その経験からの学び)

この法則は不朽の名作“ドラえもん”や“ONE PIECE”にも及んでいて、
本書のドラえもんのくだりの所なんかは特に好きで、久々にドラえもんが
見たくなってしまいました♪

部下を持つ方や、プレゼンされる機会のある方は是非実践したいですね!

そして、その詳細・続きは、本書にて確認してみてくださいね♪

『心をつかみ人を動かす説明の技術』著:木田 知廣 日本実業出版刊
http://www.amazon.co.jp/dp/4534050496/

ちなみに、この法則を学べるセミナーも今週末に開催しています。

講師養成入門セミナー
http://bizcom.ofsji.org/about/koushi-yousei/
13/03/09 (土) 16:00 – 18:00

入門セミナー ほんとうに使える論理思考の技術
http://corporate.ofsji.org/kaijou/caspa/
13/03/09 (土) 19:00 – 21:00

さらに、サプライズプレゼントも講師が企画しているようです!
言っちゃったら、サプライズじゃないか…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 現在参加申し込み受付中のセミナー

▽マネー・カレッジの講座

▼初心者のための会計入門セミナー
http://www.money-college.org/kaikei-nyumon.php

13/03/27 (水) 19:00 – 21:00

▼マスター講座 ワークショップで財務3表を徹底理解
http://corporate.ofsji.org/schedule/master-bizcom/

13/04/20 (土) 13:00 – 18:00

▼マスター講座 会計・財務・経済を徹底理解
http://www.money-college.org/kaikei-shuchu.htm

13/05/25 (土) 13:00 – 18:30

—————————————————————
▽ビジコミ・カレッジの講座

▼入門セミナー ほんとうに使える論理思考の技術
http://clo.ofsji.org/logicom_intro

13/03/09 (土) 19:00 – 21:00

▼講師養成入門セミナー
http://bizcom.ofsji.org/about/koushi-yousei/

13/03/09 (土) 16:00 – 18:00
13/04/24 (水) 19:30 – 21:30

▼マスター講座 相手の気持ちを動かす説明の技術
http://bizcom.ofsji.org/about/master-shinri/

13/03/23 (土) 13:00 – 18:30

▼マスター講座ロジカル・コミュニケーション
http://bizcom.ofsji.org/about/master-ronri/

13/06/01 (土) 13:00 – 18:30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記

>>> >> > 続き

我が家は、比較的夫婦仲も良く?!家庭円満な方だと思っているんですが、
ある時、喧嘩が勃発して危機的状況に陥りました。

そんな我が家の日常風景より↓

平日の朝は、家事に身支度、子どもの世話と1分1秒とムダにしている暇はなく
主人に協力を仰ごうと、私が言ったひと言に、いきなりぶち切られてしまいました!

「息子にくつ下履かせてあげてねー♪」

更にこんな言葉にも、

「子ども達、イタズラしてないか見ておいてね!」

シャチョーに話すと、「確かにイヤかも!」だって。

何の悪気もなくお願いしているのに何で??

 

どうやら、相手の立場にたっておらず全く自分本位の言動だったようです。

本書の中でも、

常に、「コミュニケーションの中心は聞き手」とあるように、相手の心理に
そってモノゴトを伝えなければと、改めて実感しました。

は~、めんどくさい!と思いつつも、心を入れ替え相手の状況を見つつ、
ある言葉に置き換えると、何て、さくさく動いてくれるのかしら(ハート)。
我が家にも笑顔の絶えない日常風景が戻ってきました。

お願いごとは、

タレントの千秋さんが、ほっぺにひとさし指をあてる仕草を真似て、

○○して“ぷっ”♪」「○○してちょっ♪

危機的状況のご家庭に是非オススメした家庭円満の秘訣です♪

それでは次回の「シンメトリー・ジャパン通信」にて。