こんにちは!シンメトリー・ジャパン、インターン生の今井です。

今日はリスティング広告の分析をしました。
リスティング広告というのはGoogleやYahoo!などで検索すると検索窓のすぐ下の出てくる広告です。
ではその広告の何を分析するのか。
はじめにシンメトリー・ジャパンの広告がどのような検索ワードによって出てくるのかを知りました。
私のインターン先はロジカルシンキングの講座も開講しているので検索ワードとしては「話し方 教室」などがありました。
今回の業務で一番興味深かったことは検索ワードによってコンバージョン率が変わるということです。ちなみにコンバージョンとは顧客が実際に申し込みまでしてくれることです。
たくさん検索されるからといってコンバージョン率がよいわけでもないとわかりました。逆に検索数が少なくてもコンバージョンにたどり着くワードもありました。このようなことを分析して今日の業務は終了しました。やはりウェブマーケティングは奥が深い・・・

次回はSEO対策をやります。今回の分析を生かしてがんばります!