2014年12月11日付の日経新聞に、米ジョージタウン大学の学長、ジョン・デジョイア氏(Dr. John J. DeGioia)のインタビューが掲載されました。

それによると、ジョージタウン大学は世界各地の教育機関とネットワークをつくっているとのこと。

  • スペインのユニバーシアという学術交流ネットワーク
  • マサチューセッツ工科大学、ペンシルベニア大学ウォートン校との提携
  • ロンドンで汎国際司法研究センターのオープン
  • ドーハでの海外キャンパスの展開
  • 上智大学とのパートナーシップ

などです。

気になったのは、「カトリック系の大学と共有しているのは、ヒューマニティーに対する絶対的な信奉だ」、と言うお言葉。

教育に宗教を持ち込むのは、ちょっと違和感を感じてしまいました。