今回のテーマ(論題)は、

「東京都は2020年の オリンピックを誘致すべきである」

というもの。

ロンドンオリンピックの熱気がさめやらぬ中、肯定側が有利かと思われましたが、否定側でも上手に立論されていたチームが目に付きました。

とくに、渋滞による経済活動の停滞や、それを嫌って英国民は海外に出ていってしまったとの、事例を持ち出すのは説得力がありましたね~。

一方、肯定側はメインのポイントである「経済効果」でけっこう苦戦していて、「それってどのくらい?」という質問には、データがないだけに返答につまったケースもあったかと思います。

もちろん、数字を押さえるのは大事なのですが、「この場を切り抜ける」というテクニックもあると良かったですね。たとえばそれを、

【事前】 インフラ整備のための建設
【期中】 外国からの観光客
【事後】 インフラの「解体需要」

や、

【直接】、【間接】

のような枠組みで整理するとそれっぽく聞こえます。

ちなみに、枠組みで情報整理するのが苦手な方は、ロジカルシンキングのセミナーに来てもらうと、バッチリやることになります。

●車輪の法則
●黄金律ルール
●対概念法

などを使って、枠組みの発想法をトコトン議論しますので。