「こんな会社、辞めてやる!」と世界の中心でさけびたくなることってありますよね。

その原因は、たいていの場合人間関係。

最近特に論理思考とか流行ったせいか、「論理的に正しければそれで良し」みたいな風潮がまかり通って、人間関係に気を使わなさすぎ。

「おまえ、人として大切な何かが欠けてるぞ」

と突っ込みたくなる人がウジャウジャいます。

そんなときにチェックしたいのがこちら。

河合 太介, 高橋 克徳,永田 稔著、不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか

河合 太介, 高橋 克徳,永田 稔著、不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか

評価は

★★★★☆ (購入して読む価値あり)(評価の基準はこちら)

上記の傾向を「不機嫌な職場」というキーワードでまとめ、

 具体例
 その原因
 心理学の観点からの分析
 うまくいっている企業の処方箋
 一般的な提言

という形でまとめてくれています。

提言のところは、コンセプトだけで実践方法がないのがちょっと物足りないですが、それでも手に取ってみたい一冊です。

下記、ポイントを。

●「あなたは、この一週間で、心から「ありがとう」という言葉を誰かに伝えたことが何回あっただろうか」