「運動会で活躍したい…」

と思うのは、どんな子供にも共通した思いでしょう。せめて恥はかきたくはない、というネガティブな思いも含めて。

そんな時に参考になるのがこちら。

深代 千之著、運動会で1番になる方法―1ヶ月で足が速くなる股関節活性化ドリル

股関節・体幹というマイブームの考えが説明されているので紹介します。

評価は

★★★★★ (ゼッタイお薦め。一生ものの価値あり)(評価の基準はこちら)

もちろん速く走るための方法論が解説されていますが、その背後には「科学的な練習をすれば効率的に上達できる」とのコンセプトが流れています。それはまるで名著「上達の法則」のスポーツ版のようなもの。

ただ、足を速くするための方法論としては、これは「諸説」のうち一つなのかもしれないですが。

たとえば、福島大学陸上競技部の川本和久監督は 「ポンピュン走法」の中で足の振り上げの時に大腿筋を意識すると言っているので、本書の提言とは矛盾するのではないかと思いました。

以下、ポイントを。

●腸腰筋は、骨盤の前側の内側にあり、大腿を引き上げる時に使われる筋肉です。

●勝負はシューズ選びから
シューズを長さだけで決めないことです。…横幅にこだわることが、実は大切です。また、シューズの中で指の動きを意識できれば、走る時のキックも強くなります。そのためには、ソックスにもこだわり、五指ソックス…を履きましょう。

●頭で方法論はわかっても”筋感覚”をつかまないと正しく走れない
 まったく同じに見える動きにも、筋肉の使い方が違っていることがある

●脚を股関節で引っぱるように前から後ろへ運ぶ”競歩”の動きが、短距離走の正しい脚のふり戻しに近しいことに着目しました…膝をまっすぐに伸ばしたまま腰の下まで持ってくると、どうしても体が上に持ち上げられます…そこで骨盤を柔軟に使って、伸ばした足の反対側の腰を下げることで、上半身の上下動を吸収するようにします。

●ピッチは幼児もカール・ルイスも同じ ということはストライドが違う

●速く走るための股関節ドリル
 ベーシック編
  まっすぐ走る
  腕ふり
  ホッピング
  モモ上げ
  股関節上下運動

 ストライド型ステップアップ編
  かかと引きつけ
  その場かけ足
 
 ピッチ型ステップアップ編
  フライングスプリット
  大また走

●子どもたちに指導してわかったのは…同じ動作を繰り返し教える場合に、着眼点を変えて説明してあげると、子どもたちも飽きずに取り組むことができます。ただし、ドリルのポイントの説明は、1回につき一つにしてください。複数のことを説明すると、子どもたちは混乱してしまいます。

●練習とトレーニングという言葉は、きちんと使い分けられるべきです。脳・神経系を改善する、巧みになる働きかけが「練習」であり、呼吸・循環器系や筋系を向上させる、体力を高める働きかけが「トレーニング」なのです。