アクション・ラーニングとは、何だろう?

なんて疑問を持つ方が増えているような気がします。

要するに、新手の研修。

単に座学や、あるいはケース・メソッドでは開発できない能力やマインドを養える、と言うのがふれこみです。

参加者に実際の問題解決をしてもらうことによって、学習効果を狙ったものですね。

で、アクション・ラーニングに興味を持った人が、読んでは「ダメ」というのがこの本。
え、「読んではダメ」とはどういうこと?

いや、内容は良いんですよ。でも、「看板に偽りアリ」で、本書はアクション・ラーニングを主なテーマとして扱った本ではありません。

むしろ、センゲの提唱する「学習する組織」を軸に、米国における教育の最新事情を整理した本です。

デービッド・A・ガービン著、アクション・ラーニング

「学習する組織」(もしくは、「組織的な学習」)を可能ならしめるための研修手法が体系立てて整理されていて、資料的価値は高いですね。豊富な事例もgood。個人的には、米国陸軍のアフター・アクション・レビューとは何かを説明しているところが面白かったです。

米国の「学習する組織」に関連する研修事情を知りたいという方は、読んでみてはいかがでしょうか?

前ページ
福澤 英弘著、人材開発マネジメントブック―学習が企業を強くするを読む
次ページ
根本 孝著、ラーニング・シフト アメリカ企業の教育革命を読む
 
  人材育成のページに戻る