大人の五教科スキルアップをサポートするシンメトリー・ジャパン
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ★★★★☆

タグ : ★★★★☆

書評(前編) 世古詞一著、シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジメントの新しい常識 1 on1ミーティング

いま流行の1 on 1 (ワンオンワン)。「ウチでも導入されたんだけど、何を話していいものか…」。そんな悩みを持つ方が手にとってしまうかもしれないのが世古詞一先生のご著書、「シリコンバレー式 最強の育て方 ― 人材マネジ …

書評 部下が使えないと悩む上司に福音 自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科

「部下が使えない…」というのは多くの上司に共通する悩みでしょう。それを解消する方法を教えてくれるのが、篠原先生のご著書「自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科」です。ちなみに、もとになったのはネットで話題にな …

誌上セミナー 海外進出必読文献 第1回 白藤 香著、海外勤務を命じられたら読む本 グローバルマネジメント入門

リアルな体験が盛り込まれている、海外勤務を論じた良著です。 白藤 香著、海外勤務を命じられたら読む本 グローバルマネジメント入門 意外と関係ない「異文化」 少し意外なのですが、「実際の現場では異文化そのものによる弊害はな …

誌上セミナー 海外進出必読文献 第3回 清 好延著、インド人との付き合い方

日本にとっての「未知なる大陸」とでも言うべきインド。そのインドを、カーストや宗教もふくめてフラットな視点から概観した良著が清好延先生のご著書、「インド人との付き合い方」です。 インド最大の輸出品は「経営者」 インド人のビ …

誌上セミナー 海外進出必読文献 第4回 エヌエヌエー著、海外赴任リロケーションガイド 2012

海外赴任が発令されてから任地に赴き帰国するまでを網羅した良著が、「海外赴任リロケーションガイド」です。 海外赴任で一番気になる安全面 海外赴任で一番気になるのはやはり安全面でしょう。統計によると年間で海外で被害に遭った日 …

マーク・ガーゾン著、世界で生きる力――自分を本当にグローバル化する4つのステップ

「グローバル」と聞くと、反射的に「これからは日本人もどんどん海外にでていかなければぁ」と思いがちですが、実は世界各国もグローバル化の悩みは同じ。 いや、むしろ、過去の宗教的/経済的な対立があった分、欧米諸国の方がグローバ …

藤井 清孝、グローバル・マインド 超一流の思考原理―日本人はなぜ正解のない問題に弱いのか

「グローバル人材を育成せねば…」 という問題意識は高まりつつありますが、では「グローバル人材とは何か」という問への定見は、意外とありません。 そんな時に参考にしたいのがこちら。 藤井 清孝著、グローバル・マインド 超一流 …

高橋 潔 (編著)著、Jリーグの行動科学―リ ーダーシップとキャリアのための教訓

「サッカーって面白いスポーツだよなぁ…」 ワールドカップなどのレベルの高い試合を見ると、つくづく思います。 一見すると単純な、「手を使わずに相手のゴールにボールを入れたら勝ち」というルールが、こんなにも多様な戦略性につな …

植木 理恵著、婚活の傾向と対策

「婚活」と聞いてピンと来る人がチェックしたいのがこちら。 植木 理恵著、婚活の傾向と対策 植木 理恵著、婚活の傾向と対策 評価は ★★★★☆ (購入して読む価値あり)(評価の基準はこちら) タイトルからするとノウハウ本の …

セクハラ・パワハラに負けるな!(ってか、勝負するな)

会社の中でイヤなヤツっていますよね? 上司の前ではこびへつらうクセに裏では陰口、派遣のスタッフのような弱い立場の人間には高圧的、人の批判は上手だけれど自分でリスクをとることはしない… そんな人間に毅然と立ち向かう際に読ん …

エシカルジレンマ

「エシカル・ジレンマ (ethical dilemma)」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 直訳すると、「倫理的な葛藤」であるが、要するに、ある状況に直面したときに、二つの選択肢の間で悩むことを指す。ただ、「エシカ …

ジョンソン、1分間パパ

ブランチャードの名著、「1分間マネージャー」に代表される「1分間シリーズ」のうちの異色作を読んだ。 スペンサー・ジョンソン著 1分間パパ―わが子をどうほめ、どう叱り、どう導くか 評価は ★★★★★ (何度でも読む価値あり …

書評 林著、勝負脳の鍛え方

「オレって、ここ一番て時に力を出せないんだよなぁ」 スポーツの世界に限らず、ビジネスで勝負を続けるリーダーの中には悩みを持つ人は多いでしょう。プレッシャーに弱いとでも言うか… 。そんなリーダーが手に取ってしまうかもしれな …

PAGETOP