大人の五教科スキルアップをサポートするシンメトリー・ジャパン

リーダーシップ・カレッジ

リーダーシップ・カレッジ

目次:&raquoリーダーシップ理論の紹介 &raquoリーダーシップを学べる書籍

シンメトリー・ジャパン代表 木田知廣

こんにちは。シンメトリー・ジャパン代表の木田知廣です。

「ウチの社員、リーダーシップがない人が多くて…」

こんな相談を人事の方から受けることが多くなってきました。悩みをお聞きすると、

言われた仕事はこなすけれど自らリスクを取って新たなことにチャレンジしない
様々な人を巻き込んで仕事を進めるのが苦手
そもそも職場の人間関係が希薄

などなど。

そんな時にお勧めしているのが、チーム対抗のシミュレーション形式による「リーダーシップ『体感』研修」です。

「シミュレーションなんかでリーダーシップが身につくの?」と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、実は一口に「シミュレーション」と言っても色々な仕掛けが盛り込まれており、「誰か」がリーダーシップを取らなければ成果が上がらないようになっています。

「できなかった」という事実を突きつけられ、シミュレーション後の振り返りで自分の行動を内省したとき、「やっぱりこれじゃ、マズいんだ…」と人は変わり始めます。

人の行動が変わるのは、自ら「気づき」を得たときです

講師からのフィードバックも交えて、この「気づき」をお届けします

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)
会社名 (任意)
メールアドレス (必須)
電話番号 (任意)
お問い合せ内容 (必須) ご質問やご要望などをご記入下さい。
 

リーダーシップ理論の紹介

  前提 (仮の)結論 評価
特性論 リーダーには、固有の性質(特性)があるはずだ 下記の5つで説明できる。1.動機と意欲、2.他者を導き影響を与えようとする欲求、3.正直さと誠実さ、4.自信・知性、5.責任分野に関する深い専門知識 ・状況要因を無視している。ある状況における「適切な行動」が他の状況においても適切とは限らない・リーダーを後天的に育成することは出来ない、と言う結論になる
行動論 ・有能なリーダーには特有の共通する行動があるはずだ・それをマスターすれば、リーダーは育成できる 人間関係志向-タスク志向の2軸で整理。両方とも高いスコアを示すのが成果につながる ・リーダーの行動パターンとパフォーマンスの間に一貫した関係を見いだせなかった・リーダーシップを受け入れるフォロワーの存在が受動的な存在として捉えられていたことに理論的課題が残った
コンティンジェンシー理論 適切な行動は状況に依存する パス-ゴール理論 おおむね受け入れられている
相互作用論 リーダーシップをリーダー固有のアクションではなく、リーダーとフォロワーの相互作用と捉える ・リーダー参加型理論・リーダーシップに関する9つの自然法則・カリスマ的リーダーシップ理論 現在も議論中
変革的リーダーシップ論 市場の変化が激しく、複雑性を増す中で、企業には「変革」が必要とされる ・リーダー vs. マネージャー 現在も議論中

リーダーシップを学ぶ書籍


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP