大人の五教科スキルアップをサポートするシンメトリー・ジャパン

リーダーシップ・カレッジ

  前提 (仮の)結論 評価
特性論 リーダーには、固有の性質(特性)があるはずだ 下記の5つで説明できる。1.動機と意欲、2.他者を導き影響を与えようとする欲求、3.正直さと誠実さ、4.自信・知性、5.責任分野に関する深い専門知識 ・状況要因を無視している。ある状況における「適切な行動」が他の状況においても適切とは限らない・リーダーを後天的に育成することは出来ない、と言う結論になる
行動論 ・有能なリーダーには特有の共通する行動があるはずだ・それをマスターすれば、リーダーは育成できる 人間関係志向-タスク志向の2軸で整理。両方とも高いスコアを示すのが成果につながる ・リーダーの行動パターンとパフォーマンスの間に一貫した関係を見いだせなかった・リーダーシップを受け入れるフォロワーの存在が受動的な存在として捉えられていたことに理論的課題が残った
コンティンジェンシー理論 適切な行動は状況に依存する パス-ゴール理論 おおむね受け入れられている
相互作用論 リーダーシップをリーダー固有のアクションではなく、リーダーとフォロワーの相互作用と捉える ・リーダー参加型理論・リーダーシップに関する9つの自然法則・カリスマ的リーダーシップ理論 現在も議論中
変革的リーダーシップ論 市場の変化が激しく、複雑性を増す中で、企業には「変革」が必要とされる ・リーダー vs. マネージャー 現在も議論中

TEL 03-6686-1808 10:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP